安い格安航空券で行くソウルへの旅

メニュー 閉じる

ソウル路線の格安航空券の基礎知識

05PHBF01

日本から最も手軽に行ける海外旅行先といえば、ソウルでしょう。

韓国は旅行先として人気の絶えない国で、食べ物もおいしく買い物も楽しいところです。
近年ではソウルを中心とした観光地も整備されており、リピーターも多くいる国です。

ソウルへの空の旅は簡単で、場所にもよりますが、多くの都市から直行便が出ています。

国内での乗り継ぎなしで行ける海外の都市の代表がソウルと言ってもいいでしょう。出発地にもよりますが、およそ2時間から3時間ほどで到着します。

出回るものとしては、日本系と韓国とアメリカの3種類航空会社があります。

日本系はJALとか、韓国系では大韓航空とか、アメリカ系ではUNITEDになります。
できる限り安くということを考えると、大韓航空とアシアナ航空の2つの韓国の会社から選ぶことになります。
時期によっては、ユナイテッドが安いときもあります。

ユナイテッドはアメリカの会社ですが、成田空港を積極的にアジアのハブ空港として使っているため、アジアの都市を出発地として成田を経由してアメリカに飛ぶという路線も持っており、こういった路線で安い航空券が出てくることがあります。

ソウル行きの航空券と言っても様々な価格設定になっており、航空会社未定のチケットで総額1万3000円台、アシアナ航空で1万5000円程度から1万9000円、大韓航空で2万円前後となっています。

航空券の値段は時期によっても大きく変動しますが、普通に予約した場合と最安値ではおよそ1万円程度違ってくるのが一般的です。

料金の違いは燃油サーチャージの料金によっても変動します。
チケットを買う場合には、燃油サーチャージ込みの価格かどうかをしっかりチェックしましょう。

安いからといって、サービス内容に変わりはありません。

ソウルへの安い航空券の価格は、たとえばAB-ROADや楽天トラベルなどを使えば確認できます。

近年ではトラベルコちゃんやスカイチケットが使いやすいと評判です。

HISやスカイゲートも格安航空券の取り扱いで有名です。

韓国特有の事情として、航空会社がきまっていないことがありますが心配はありません。
アメリカやヨーロッパ路線では乗継がいい加減なケースがありますが、韓国の場合は間違いなく直行便ですので、乗継での問題の発生のしようがありません。

航空会社未定のチケットは、ほとんどがアシアナか大韓です。

韓国のように直行便しかありえないチケットでは、いっそうのこと航空会社未定のものを買ってしまうのもいいでしょう。

格安航空券の専用サイトでソウル行きを検索

格安航空券を購入するにあたっては、スマートフォンよりはパソコンの方が検索が便利ですので、効率よく探すためにもパソコンを使いましょう。

複数のタブを開いて比較もできますし、日付の入力なども簡単です。
よく使われる方法としては、都市名に「格安航空券」と入力して検索という手段があります。

ソウルの場合には「ソウル 格安」などと検索すると、いくつかの結果が表示されます。

検索結果でよく見かけるものには、HISやイーツアー、トラベルコちゃん、スカイチケット、スカイゲートなどがあります。

検索結果で重視するといいのが、トラベルコちゃんとスカイチケットの2つです。
ソウルへの航空券を、あらゆる航空券サイトからまとめて検索してくれます。

格安航空券が今どの会社からどれくらいの価格で販売されているのか一瞬で表示してくれます。

「トラベルコ 航空券 ソウル」で検索して表示されたサイトに行ってみると、そこにはいくつかの候補が上がっていますが、あくまで検索した日付での表示であることに注意しましょう。「検索条件を変更する」を押して、希望の日付を設定して再検索をかけます。

するといくつもの航空券が表示されますので、そこから一番安いチケットを選びましょう。選んだチケットのボタンをクリックすると予約サイトに飛びます。
さらにいくつかの選択肢が表示されますが、ここでも最安値を選びましょう。次のページで最終的な価格が確認できます。

サイト移動後に価格が少し上がっていることがありますが、これは最終的な手数料などが加算されるためです。

気を付けたいのは、航空券販売を行っている元のサイトで見るまでは正確な最終的な価格ではないということです。
それぞれのサイトに移動した後で、個人情報などを入力した後に正式な価格が表示されるのが一般的です。

他で調べても場合によっては最安値になる可能性があります。

いったんトラベルコちゃんで検索した結果をメモしておき、そこから比較するといいでしょう。
価格の表示の仕方はトラベルコちゃんと変わりません。HISやイーツアーも調べるといいでしょう。

注意すべきこととして、Webで値段を確認するうちに徐々に価格がつりあがってくることがあるということです。

何度も同じルート検索をしていると、パソコンのクッキーを元にしてサイトが価格を上げてくることがあります。これを避けるためには、プライベートブラウジングモードを使いましょう。

格安航空券とホテルをセットで予約する

格安航空券を使ってソウルまで旅することを考えたときに、航空券だけでなくホテルの予約も合わせて考えるとお得なサービスを受けることができます。

JTBなどの旅行ツアーは比較的一般的な方法で、たとえば初めての海外旅行などでは、空港からホテルまで送迎がついていて土産品の買い物ツアーもあり、お得感もあります。ルックJTBや日本旅行など有名なツアー会社があります。

ところが、チケットとホテルを別に予約するときに格安航空券をどう手に入れるかという問題が出てきます。

その際に活躍するのが、トラベルコちゃんやスカイチケットなどの格安航空券比較サイトでしょう。
こういった場合には、ホテルも自力で予約して空港からも自分で行かなくてはなりません。

全体の費用を考えたときに、それほど安くならないこともあります。

ソウルの場合には、空港からホテルなどがある観光スポットへの移動はそれほど手間ではありませんし、ホテルの予約も簡単にできますが、2度手間になることには変わりません。

格安航空券とホテルの予約を同時にできれば、手間は多少省けます。航空券とホテルがセットなので予約は1回で済みます。

こういった販売方法で急成長しているのが楽天トラベルで、格安でソウルの旅を楽しむことができます。

1人旅では色々な方法を試してみるのも旅の計画を立てる楽しみにできますが、2人以上になると、あれこれ相談している時間がもったいない場合もあり、2人以上の旅では必ず楽天トラベルを利用するという旅好きの人のブログ記事などで取り上げられています。

また、DeNAトラベルもホテルと格安航空券のセット販売を行っており、こちらも好評です。

たとえば楽天トラベルでソウル3日間ツアーですと、ソウル中心部にあるセファホテルに宿泊して、2万円を少し超える程度の価格からあります。

燃油サーチャージなどで6000円前後かかります。利用するのはアシアナ航空のエコノミーで、成田から仁川まで2時間10分ほどのフライトです。

大阪発のツアーではソウル53ホテルに宿泊して3万円前後からのツアーがあります。利用するのはアシアナ航空で、1時間50分ほどのフライトになります。

東京発と同様、燃油サーチャージ込みで6000円ほどかかります。

DeNAトラベルだと、大韓航空を利用して、ホテルランクでの評価の高いミレニアムソウルヒルトンに3泊のプランで10万円前後からです。それぞれ、1人分の料金で2人や4人などのグループになると割引サービスが提供されます。

航空券とホテルのセットで格安のソウル旅行プランは数多く提供されています

最近話題の格安航空券予約サイトのスカイチケットとは?

格安航空券を手に入れたいと思った場合によく使われる方法は、行き先の都市名や国名に「格安」や「格安航空券」などのワードを、Googleなどの検索サイトの検索窓に入力するという方法でしょう。

パソコンを持っている人にとってはお馴染みの方法で、ホテルの予約や現地に着いてからのことは後回しにして、まずは航空券の価格を比較検討したいときには、ほぼこういった方法で探すことになるでしょう。

近年、こういった検索方法でヒットするサイトにスカイチケットというサイトがあります。

スカイチケットは、大手の航空会社からLCC、格安航空券情報を一気に串刺しにして検索できるサイトです。
楽天トラベルやDeNAなどでも格安航空券の検索はできますが、それらはあくまで、その旅行代理店で取り扱いのある航空券だけですが、スカイチケットはすべての航空会社と旅行代理店のサイトを1回の検索で表示します。

スカイチケットは60社以上の旅行代理店から航空券情報の検索ができます。
また、燃料や税金、諸費用など航空券に必要な費用がすべて含まれて価格表示をするという点が有能です。

こういった諸費用は予約の際に見過ごされがちな内容で、予約した後に請求されることも多いため、総額でいくらなのか予想できない面があります。
また、空席のあるかどうかも表示されるため、利便性は高いと言えるでしょう。

ただし、航空券の予約や購入手続きは航空会社のサイトで直接行う必要があり、ここで多少の差額が発生することがあります。

スカイチケットが有能なのは、日本語対応サイトで予約できるかどうかということや、オンライン予約のみの航空券であることを知らせてくれること、シニアなどの設定での価格表示もしてくれることなどで使い勝手もいいと言えます。

実際に利用した人の情報によると、基本的にスカイチケットは空席がある航空券だけに検索結果に表示されますが、中には空席が1席だけで、タイミングによって逃してしまうことがあり、航空券の予約状況が即時反映されるわけではないということです。

確実に最安値の航空券が結果として表示されますが、予約をするのが可能かは不明なのが現状です。

様々な情報が得られますが、目的の航空券を探すまでに時間がかかる場合があり、周遊やオープンジョーのチケット検索ができる点がスカイスキャナーなどに比較して良いというのが、旅行好きの人たちの感想です。

格安航空券の検索サイト・スカイスキャナーとは?

ソウルなどの海外旅行で、できる限り旅費を安く上げるために利用する方法があります。

ホテル代や現地で使えるお金をプールするには、航空券の無駄を省く方法が一番でしょう。

たとえば「ソウル 格安航空券」などで検索してみると、上位にヒットするサイトにスカイスキャナーというサイトがあります。

これは1000社以上を比較して格安航空券を素早く見つけて予約まで簡単にできるというサイトです。
旅行会社の提供する格安航空券もカバーしています。

表示される価格は、燃料サーチャージや諸税、手数料などの諸費用もすべて含まれた価格です。
旅行代理店のサイトなどで表示されるチケット代にはこうした諸費用が含まれていないケースが多く、予約してから請求されることがありますが、スカイスキャナーではそういうことはありません。

あくまで情報を集中させたサイトであるため、航空券の予約や購入手続きを航空会社や旅行代理店のサイトで直接手続きする必要がありますが、この手間をなるべく簡便にしている点で評価されています。

同じような航空券比較サイトにトラベルコちゃんというサイトがありますが、ここよりも正確性が高いサイトです。

トラベルコちゃんは情報が多岐にわたり、その分比較する価値もありますが、時間がなかったり面倒だったりすることもあります。

目的の航空券の検索に集中できるサイト作りがされており、目的地と旅行の日程がはっきりしているような場合には若干便利と言われています。

スカイスキャナーとトラベルコちゃんを比較した場合、若干トラベルコちゃんの方が安く表示される傾向があります。

トラベルコちゃんの場合には、情報がリアルタイムではなく、多少のタイムラグがあって、最安値と思って予約しようとしてもすでに埋まっているケースがありますが、スカイスキャナーは情報の反映がリアルタイムであるため、信頼性は高いと言えるでしょう。

確実に素早く目的地への格安航空券が入手できるという点ではスカイスキャナーは優れています。
トラベルコちゃんは周遊券などの情報も数多くあり、その分多くのオプションを選べる良さはありますが、その分検索に手間がかかるともいえます。

スカイスキャナーはそういった不要な情報は表示されません。中には日本語対応ではないところもあるため、その点は注意が必要です。